管理栄養士国家試験合格に向けてチャレンジする人を応援するブログ

独学で学習を進める人をはじめ、受験勉強中の悩みを解消するための情報をお伝えしていきます。

クーラーで、体調を崩してませんか?

皆さん、こんにちは。

 

最近は、多少は暑さが落ち着いてきましたが、まだまだ暑い日が続いています。

体調管理は出来ていますか?

 

私の周囲でも、喉をやられて咳が止まらない人や、身体のだるさを訴える人が目立ちます。

また外気温との差により、身体が変化に追いつかず、風邪を引いたりしてる人も多いのではないかと思います。

室外と室内の温度差の影響もありますが、クーラーの冷気は、とても大きな影響を与えます。

 

私は作業は、直接冷気が当たらないような場所で行ないます。

どんなに暑くてもです。

暑さで汗まみれになった状態で、冷たい空気にあたると、とても幸せな気分になります。

炎天下の街を歩いた後に電車の中で冷気を受けると、最高です。

思わずニンマリとしてしまいます。

ですが、10分もすれば「もういいや」となるし、それ以降は気化熱の影響で、「寒い寒い」と、一気に体調を崩してしまいそうになってしまいます。

そんな事で風邪をひいてはもったいないので、さっさと着替えたり、席を変えたりすると思います。

ですが、席が固定されていて、そこが冷風を受け続ける場所だったら、たまったものではありません。

 

ここまでは、以前の投稿で話したような気がします。

 

以前、デスクワークをしていたのですが、そこでは空調に、風防が取り付けられていました。

クーラーの吹き出し口の部分に障害物のように壁をつけ、それに冷気をあてる事で、それが分散します。

そのため直接の冷気の影響も受けにくくなり、部屋全体が冷えやすくなり、ある一点だけに集中する事が無くなりやすくなります。

その隙間からも流れてくる冷気も多少はあるのですが、あるのとないのとでは、雲泥の差です。

安いものとして、2,000円前後からあるようですが、結露の問題や、固定する力が弱いなど、いろいろデメリットもあるようですが、「冷気の影響で集中出来ない!」を改善する方法としては、とても有力なものではないかと考えます。

 

いろいろ調べてみると、中にはこういった風防を自作している人もいるようです。

大きめの紙とテープだけで、自分の部屋に合うように「安価で!」作る事が出来るため、ツイッター上でも拡散しているようです。

 

冷気が直接当たると、風邪もそうですが、乾燥して喉・肌・粘膜部分に大きなダメージを与えてしまいます。

職場だと少しハードルが大きいかもしれませんが、せめて自宅にいる時だけでも、快適に過ごせるように工夫してみてはいかがでしょうか?

 

少し短いですが、今回は、ここまで。

 

自分のやり方が正解なのか?の判断を

皆さん、こんにちは。

 

前回からの続きで、学習スタイルをチェックしようという話の続きです。

皆さんは、今の学習スタイルをどのようにして身につけましたか?

今までの経験ですか?

 

兄弟がそういった感じだから、同じようにしていましたか?

「勉強は、このようにやる」

という感じで進めている人は、少なくないと思います。

それでは、質問ですが


「その勉強方法は、効率が良いですか?」

「効率が良いのであれば、その判断基準は何ですか?」

「効率が悪いのであれば、その理由と改善策は何ですか?」


という問いに答えられる人というのは、そこまで多くないと思います。

また、学習を進めるけど、なかなかうまくいかないという人も多いと思います。

何時間も勉強しているのに、テストでこれだけの点数しかとる事が出来なかった・・・。

そんな人もいると思います。

 

そういった時は、皆さんは、どのようにして点数を上げようとしますか?

「学習時間を増やす」

「復習回数を増やす」

「寝る間を惜しんで勉強する」

「講習やセミナーをどんどん受ける」


色々な方法が挙げられると思いますが、どの方法を選ぶでしょうか?

 

ですが周囲には、「ほとんど勉強してない」と言いつつ、自分よりも勉強が出来る人もいます。

本当にしてないかもしれませんが、そんなに努力していないようにも見えますが、成績が自分よりもいい人です。

 

こういった人が身近にいれば、とてもラッキーです。

 

その人と自分を比較して、良い所悪い所、その人はしているが自分はしていない事、逆に自分はしているが、その人がしていない事。

を、徹底的に比較してみるのがポイントです。

そういった人がいたら、「どうやって勉強しているんですか?」と、素直に聞いてみてはどうでしょうか?

意外と、色んな事を教えてくれますよ。

もし、あまり情報を聞けなかったとしても、どのようにノートをとっているかとか、どのようにラインを引いているのか?というのを横からチラ見出来るかもしれません。

他の人の良い所や工夫点があると思います。

それを自分の中に取り入れてみるのです。

そして、それを数日から1カ月程度実践し、効率が良ければ取り入れてみるという作業をしてみてはどうでしょうか?

 

勉強は、やり方のパターンが一つしかないという訳ではありません。

各自がそれぞれのパターンを生み出し、その結果が良ければ成績は良くなるし、悪ければ悪くなります。

 

周囲にいなかったとしても、ネット上には少し怪しいものもありますが、私のように色々な学習方法を勧めている人もいますので、そういったものを出来るものから取り入れてみるのもいいかもしれません。

自分の中だけの環境ではなかなか変わる事は出来ませんが、今は情報がネット上に溢れています。

自分だけでは解決できない事も、周囲からの一つのきっかけで劇的に変わる事にも繋がります。


勉強は、基本は「人の真似をする」です。

 

学問も、先人が生み出したものを真似て習得する事の繰り返しです。

色々な人の真似をして、自分に良いものをどんどん取り入れていく工夫をしていきましょう。

 

今回は、ここまで。

 

所要時間が分かると、計画は立てやすい

皆さん、こんにちは。

前回からの続きで、時間管理についての話です。

 

管理栄養士国家試験を受験しようという方の中には、実務経験を積んでいる人も、少なからずいると思います。

仕事と勉強を両立して、試験合格にチャレンジしている人です。

そんな人や、バイトをしている現役学生には分かりやすいと思いますが、仕事は常に時間との戦いです。

 

給食施設であれば、7時・12時・18時と、職場によって変化すると思いますが、その時間までに食事を提供しないといけません。

その時間に提供するためにも、前倒しで作業したり、出勤時間(勤務時間)が決められたりします。

割り当てられた時間により、作業工程も生まれます。

そういった事全てを決める事が出来るのは、作業内容もそうですが、その作業にかかる時間がどれくらいかかるか?というのが分かっているからです。

平均所要時間といってもいいかもしれません。

「このメニューだと、だいたい普段通りの時間配分で大丈夫」とか、「イベントの日だから、普段以上の人員を導入しないといけない」とかの判断に繋がるわけですね。

もちろん、時間配分が予想通りにならないかもしれませんが、経験(実施回数)を重ねる事で、大まかな感覚を掴む事は出来るようになっていきます。

 

前回くらいまでに、「所要時間の比較」の話をしました。


「同じ個所の学習を行ない、前回よりも早くなっていれば、学習効率が良くなっているという事になります。」

という話をしましたが、学習の記録というものを、しっかりとチェックしないといけません。

欲を言えば、学習時の詳細や、周囲の環境・状況まで記録した方が良いです。

例えば、朝食は何を食べたとか、間食にこれを食べたら体調が悪くなったとか、学習中ここら辺から集中が途切れてきたとか、食後〇〇分から、急激に眠くなってきたとか・・・・。

詳細に記録が残されていれば、比較が出来るので、より多くの事に気づく事が出来るようになります。

最低でも、「〇〇から××まで進めるのに、△分かかった」という記録は残しておいた方が良いです。

そうする事で、次回に同じ個所をやる時の、時間の見積もり(計画)を立てやすいですし、それを計画よりも早く出来れば、成功体験にも繋がります。

「目標よりも早く出来た。やったー!」

という感じです。(雑な例ですが)

それにより時間配分も精度が上がっていき、無理のないと言うか、現実的な計画を立てていく事が出来ます。

 

これを繰り返す事で、成功体験(目標達成)が積み重なり、自分の自信へと繋がっていくわけです。

知識を獲得するスピードというのは、個人差があります。

ですが、繰り返しやり続ければ、必ず出来るようになります。

 

学問ですから。

 

今の時期なら、なかなかその自信が大きい人はいないと思います。

学習スピードが伸びないとか、なかなか正答率が上がらないという人もいると思いますが、それは繰り返す回数が少ないからという所に理由があるかもしれませんし、自己分析が上手くいっていないのかもしれません。

 

やみくもに前に進むのも良いですが、一度立ち止まって、自分の学習スタイルをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

そのチェックの仕方にもコツはあります。

次回は、その話をしたいと思います。

 

今回は、ここまで。

 

時間管理は重要

皆さん、こんにちは。

前回は


「なぜそれだけの時間がかかるのか?」の分析を行う事で、行動の幅というのは、大きく広がっていきます。
「PDCA」の部分にも繋がっていきますが、障害が生まれている原因が分からなければ、対策を打つことが出来ないからです。

 

という文章で、締めました。

 

皆さんは、問題を解く時に、どのような目標をもって解いていますか?

「〇〇時間で、解けるだけ」

という感じでしょうか?

もし、そうなら少し目標が弱いと思います。

 

問題を解く・参考書に目を通す・昨日の復習をする・今日の講義の予習をする・・・・。

色々な学習項目・作業項目があると思います。

ただ、どんな行為にでも、時間をかけようと思えば、どれだけでも時間を費やす事が出来ます。

時間は有限ですが、作業は無限に生み出す事が出来ます。

そのバランスにより、上手くいく事もあれば、いかない事もあります。

試験本番時に余裕を持って受験する事が出来る人もいれば、バタバタして一夜漬けで対応する人もいたりしますが、その差は時間配分とバランスだと考えます。

(試験の難易度によっては、余裕を持っている人自体がいないかもしれませんが)

 

では、限られた時間を有効に使うためには、それぞれの状況に応じたルールを「自分で」作り、効率良く行うためにPDCAを繰り返し続けるという事が必要になります。

様々な状況が考えられるため、答えは一つでは無いです。

そして、人間は成長・変化していきます。

その答えがいつまでも常に正解な訳ではありません。

 


私が当初にルール設定したことがありました。

「一つの問題を解く時に、「30秒」以上時間をかけない」

というものです。

 

この目標を設定したのに、2つの理由があります。

 

・試験問題は全部で200問ある事

・試験時間は、合計で5時間5分であり、分になおすと305分あるという事

 

平均すると、一問あたり約90秒になります。

ですが、これだと見直しの時間が存在しません。

一問あたり30秒で解く事が出来れば、100分で最後まで行く事が出来るので、残りの200分を見直しの時間にあてはめる事が出来ます。

十分な時間を確保する事が出来ます。

実際の試験では、そこまでの時間は確保できませんでしたが、約1時間程度は見直しに時間を使う事が出来ました。


以上が根拠ですが、根底には一つの考えを持っていました。

 

「限られた時間の中で、数多くの問題に触れる事を重視する」

 

一つの問題を理解できるまで、色々な資料や辞書・参考書を引っ張り出して知識を深める事は当然大事です。

ですが、それで立ち止まっていると、予定よりも確実に時間を奪います。

1時間で「10個の問題にチャレンジした」のと、「60個の問題にチャレンジした」というのであれば、私は後者を評価しますし、その方法を選びます。

そこまで進んでから、解けなかった問題を改めて復習したり、もう一度チャレンジしたりしました。

知識を深めていくというのも重要ですが、リアクション的に、「〇〇というキーワードが出たら、この答えを選べばいいんだ」というような考え方でも、結構乗り越える事が出来ます。

 

試験は、200問中、満点を取らないといけないわけではありません。

120点以上取れば良いだけです。

内容が理解しづらい問題でも、数をこなせば何となく理解する事は出来ていきます。

 

今の時期、まずは数をこなして、情報量をどんどん吸収していく。

この作業を繰り返してみてはいかがでしょうか?

 

今回は、ここまで。

勉強を進める上で、チェックが必要な部分

皆さん、こんにちは。

前回は「分析作業」が大事という話をしました。

今回は、その部分に触れていきたいと思います。

 

皆さんは、学習計画を立てていると思いますが、計画を立てる根拠はなんでしょうか?

「ここは苦手な部分もあるから、〇〇時間あれば対応出来るかな?」

「これくらいの作業なら、この程度で終わるでしょ?」

「これだけ時間があるけど、多分、もっとかかるだろうなぁ・・・」

という感じでしょうか?

 

このような判断基準で計画を立て続けているのであれば、少々危険かもしれません。

上記の例で出てきていないものがあります。

作業(学習)がどれくらいかかるか?という必要時間が計画に入れられていません。

一番最初の例が惜しい所まで行ってますが、大まかな予測になっています。


最初に行うというのであれば、どれくらいの時間がかかるかわからないので、目途が立たないのは分かります。

ですが、学習の基本は「過去問題の繰り返し」です。

自身が、「〇〇から××まで勉強する」と範囲を決めたら、それを終了させるのに、どれくらいの時間がかかるのか?をチェックしないといけません。

それを行なう事で、初めて分析をする事が出来るようになります。

 

「所要時間の比較」です。

 

同じ個所を行ない、前回よりも早くなっていれば、学習効率が良くなっているという事になります。

ですが、前回よりも時間がかかってしまっているというのであれば、学習だけに集中出来なかったか?一つの箇所に固執し過ぎてしまったか?何かしらの要因があったか?という事になると思います。

自分が、「〇〇から××まで勉強する」という行為に、どれくらいの時間を必要とするのか?

それを知る事で、精度の高い計画を立てていく事が出来るようになりますし、自分がどれだけ出来るようになっているのか?というのを知る事も出来ます。

 

ただ、中には

「問題を理解するために時間がかかるから、どれくらいかかるかなんて、わからないです~」

という人もいるかもしれません。

問題を読み解くのに時間がかかり、なかなか先に進める事が出来なかったり、難解な問題で行き詰まり、気付いたらかなりの時間が経過しているような状態です。

それが初めて接する問題、もしくは2回目くらいであれば、特に問題無いです。

 

初めて接する問題は、基本的には時間がかかります。

最初からスムーズに進んでいく訳がありません。

それを踏まえた状態で、どれだけ時間がかかるかをチェックすればいいだけの事です。

ただ、それが5回も6回も最初に計測したのと同じだけの時間を要しているというのであれば、結構な問題です。

それは復習が足りないため、弱点を潰せてないという事に繋がるからです。

チェック項目を増やすタイミングです。

「〇〇から××まで勉強する」という時間をチェックしていましたが、そこから「なぜ、それだけの時間がかかったのか?」の部分に踏み込んでいかないといけません。

ただ時間を計測するだけで終われば、それはそれで前進しているのですが、歩みは遅いです。

 

「なぜそれだけの時間がかかるのか?」の分析を行う事で、行動の幅というのは、大きく広がっていきます。

「PDCA」の部分にも繋がっていきますが、障害が生まれている原因が分からなければ、対策を打つことが出来ないからです。

 

少し長くなりそうなので、次回に続けます。

 

今回は、ここまで。

  

学習時間が長時間ある時と、短時間しかない時の使い分け

皆さん、こんにちは。

 

今回は、学習時間についての話です。

皆さんは、学習時間をどれくらい確保出来ていますか?

 

前回も書きましたが、夏休みの学生であれば、ほぼ一日の全てを割り当てる事も可能ではあります。

社会人であれば、就業前後に行うしかないため、数時間程度しか割り当てる事は出来ないと思います。

仕事をしていて、「今日は休みだ」という人も、溜まった家事や所用等で、かなりの時間を削られてしまいます。

6時間程度確保出来ればいい方でしょうか?

なかなかまとまった時間を確保できない状況は続くと思います。

 

そんな中で、効率良く学習を進めないといけないのですが、皆さんは、どのように時間を使い分けているでしょうか?

短時間しかなくても、長時間確保できても、やる事は同じですか?

やる事というと「勉強してるよ」となるのですが、勉強の内容やペースは同じですか?


例えば、普段は仕事をしているので、1~2時間程度しか確保できないとします。

学習内容として、問題を繰り返し解いたり、暗記をしたり、復習をしたりというような作業を繰り返す事になると思います。

他にも、ノートにまとめたり、単語帳を作ったり、参考書と照らし合わせてみたりという時間があるでしょうし、通信等でコンテンツを利用しているのであれば、CD・DVD等の視聴の時間も必要です。

皆さんは、どのように時間を分配しているでしょうか?

 

これを細かく決めて、パターン化しておいた方が、その時々で判断をしなくていいので、かなり作業を進めやすくなります。

1時間ある時に出来る事、3時間ある時に出来る事、6時間ある時に出来る事は違うからです。

 

私自身は、3時間を目安にしていました。

3時間以内の学習時間しかない時は、復習を中心に行っていました。

余裕があれば先に進むのですが、基本的には前日に行なった部分の復習に重点を置きました。

繰り返す事で、復習しないといけない量は減っていきますし、スピードも速くなります。

記憶を定着させて、先に進めなくても、今までやってきた部分を復習して、知識を深める時間にあてていました。

 

では、3時間超が確保出来た時は、どうしていたか?

前述した、復習部分を行ない、新しい部分へと進んでいました。

その部分に加えて、普段できないまとめ作業や多くの時間を必要とする行為の時間にあてていました。

内容としては、

・単語帳作成
・項目ごとの所要時間や正答率をチェックし、まとめて分析作業
・模擬試験実施のための時間
・今後、どのようにしていくかの戦略を練る時間

という感じです。

最後の戦略を練る時間は、特にこの長時間の所だけしか行わないという訳ではないので、おまけの項目として入れました。

模擬試験も、2~3回程度受ける人が多いと思うのですが、その日だけですので、これはイレギュラーな要素として捉えていただければと思います。

単語帳作成も、これはその都度書き込めばいいだけなので、特に長時間学習の時にしかできない訳でもありません。

 

一番重要視しないといけないのが、「分析作業」です。

 

自分が、今どれくらいの実力をもっているのか?という事を、常に把握しておかないと、取り返しがつかない事になりかねないです。

実力とは言うものの、今の時期で点数(正答率)は、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

正答率が高い事に越したことはありませんが。

 

では、どこに着目すべきか?

 

答えは次回に話します。


今回は、ここまで。

 

時間がたっぷりあれば良い訳ではない

皆さん、こんにちは。

 

暑い日が続きますが、皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

夏バテになっている人もいるかもしれませんね。

食欲が落ちたりという人もいると思います。

私自身は、そんな事も無く元気に過ごせています。

夏だろうが、冬だろうが、急性腸炎中だろうが、食欲だけは衰えないという感じです。

私は、もう一つのブログを書いていて、そこでは健康に関するものを取り上げているのですが、そろそろ「夏バテ」についての話を書いてみたいなと考えています。

 

それはさておき。

 

現役学生の方なら、今は夏休みに入っていて、色々な事に時間を使っていると思います。

管理栄養士を卒業と同時にと考えているなら、勉強もそうですが、普段やれないバイトに明け暮れている人もいるかもしれません。

最後の夏休みとなるので、可能であれば海外旅行とか、普段できない事に時間を使って欲しいものです。

色んな事をやっておいた方が、社会人として働いた時に色々な価値観を持った状態で人に接する事が出来るので、おススメです。

私も学生時代に、もっといろんな所に行けば良かったとも思います。

 

また話がズレました。

 

現役学生の方は、夏休みに入って比較的自由な時間を得ていると思います。

普段の授業だったら拘束されている時間がほとんどなので、与えられた事をやればいいという感じではあります。

ですが、自由な時間がほとんどとなると、自分でスケジュールを立てないといけないです。

 

前回も話しましたが、計画というのはとても大事です。

「どこからどこまでをする」でも良いですし、「午前中は、〇〇までやる」という感じでもいいです。

一番良くないのは、「何となく、これをやっている」という状態です。

ゴールを決めずに作業を行っても、なかなか自分の実力になりにくいです。

ラソンのような長距離走でも同じですが、ゴールがあるからそれに向かって進んでいきます。

その目標設定が、「ゴールにたどり着く」というものであれば、どれだけかかっても、ゴールにたどり着けばいいという感じの行動になります。

これを管理栄養士国家試験に置き換えると、「何年かかろうが、合格すればいい」という感じになります。

 

それは到底「目標」とは言えません。

 

ラソン大会に出場する事になって、何を目標にするかで、意識は大きく変わっていきます。

「出場」を目標にするのか?
「完走」を目標にするのか?
「サブ4・サブ3」を目標にするのか?
「大会記録更新」を目標にするのか?

目標設定によって、事前準備は、大きく変わっていきます。

 

今、管理栄養士国家試験のために学習を進めている人のほとんどは、

「今年度の試験で合格する!!」

という目標設定の人がほとんどだと思います。

ごくわずかに、「今年度は、どんな感じかを経験して、来年が本番だ!」という人もいるかもしれません。

そういう人がいたら、私は今年度で合格する事を強く押します。

私自身が、働きながら9月に学習を開始して、無事に合格出来たという経験があるからというのもあるのですが、今学習をしている人であれば、合格出来る可能性は、とても高いからです。

 

ダラダラとやるより、短時間でも集中してやる方が、良い結果が出るのは当然です。

ネットで調べると、試験3か月前から学習を開始して合格したという人もいるようです。

本当かどうかは分かりませんが、不可能ではないと思います。

そういう人もいるかもしれませんが、基本的には余裕を持って学習を開始する方が、色んな事に対応しやすくなるので有利ですし、合格率も高くなると思います。

 

まずは、「今年度の試験で絶対合格する!!」という意識を強く持つことが重要です。

続いて、それを実現するために逆算していく事が大事です。

 

その方法についてですが、長くなってきたので、次回に回したいと思います。

 

今回は、ここまで。