管理栄養士国家試験合格に向けてチャレンジする人を応援するブログ

独学で学習を進める人をはじめ、受験勉強中の悩みを解消するための情報をお伝えしていきます。

スマホを持ち歩かない事は出来ますか?

皆さん、こんにちは。

 

皆さんに質問ですが、スマホを手にしないタイミングって、ありますか?

 

もちろん、授業中・仕事中にロッカーやカバンの中に入れないといけないというタイミングはあると思います。

上記のような外的要因・制約・制限により手元に置いておけないという事はあると思います。

また、「携帯を家に忘れた」と、自分の意志とは関係なく、強制的に手元にない状況に陥る事もあると思います。

 

ですが、自主的に手放した事というのはありますか?

例えば、

「これからコンビニに行くけど、その間は面倒だし、置いておこう。」

「散歩しに行こう。その間は携帯は家に置いておこう。

「好きな読書をするから、その間は電源を切っておこう」

という感じです。

最後は少し違いますが、スマホを持ち歩かず、手ぶらで行動するという感じです。

 

スマホを財布代わりにしていたりすると、少し難しいかもしれませんが、良い刺激になります。

スマホ中毒になっていると、不安で仕方なくなってしまうかもしれません。

ですが、「普段肌身離さず持っているスマホというものを手放す」という行為は、どちらかというと、非日常的な体験となります。

気分転換・リフレッシュに必要な事は何かご存知でしょうか?

「非日常的な体験をする事」です。

 

スマホを持たずに出かけるとします。

スマホが気になって仕方ないという人は、かなり重度の症状で問題を感じますが、そうでなければ、強制的にスマホを触る事が出来ない状況となります。

そうする事で、今までとは異なる行動や感情を得る事になります。

 

普段だったら交差点で立ち止まったらすぐにスマホを見ていたかもしれませんが、手元にはありません。

今まで見る事の無かった建物の看板やディスプレイの変化に気付けるようになるかもしれません。

いつもはスマホにダウンロードしている音楽を聴いているかもしれませんが、車の音や周囲の人の話し声、公園を歩いているなら、鳥のさえずりや川のせせらぎ、木々の葉が揺れる音などを聞く事が出来るかもしれません。

 

自分を、自然の中・環境の中に溶け込ませる事で、閉鎖的な空間から、より多くの情報を取り入れる事が出来る環境の中に入りこむ事が出来ます。

そういった、普段感じる事のない光・音・感覚を得る事で、リフレッシュはより効果的に得られやすいという事になります。

よく研究者が、研究室で煮詰まって、ふと公園を散歩していたら、研究に関するヒントを思いつくという話は聞いた事があるのではないでしょうか?

他には、トイレの中とか、風呂の中という、リラックスをしている状況というのも多いですが。


皆さんも、気分転換をしたいときは、普段触れる事のない環境の中に身を置いてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、ここまで。

風邪を引いた時の対処法

皆さん、こんにちは。

体調管理はいかがでしょうか?

皆さんは、風邪を引いた時は、どのように対処していますか?


たっぷり睡眠をとり、あたたかくして安静にする、そして栄養のあるものを食べること、これに尽きます。


という言葉は聞いた事があると思うし、皆さんもイメージすると思います。

食べるものとして、

おかゆ
果物
栄養ドリンク
スポーツドリンク
ヨーグルト
果肉入りゼリー
雑炊
豆腐
生姜入りカップスープ
うどん

などなど、色々なものが挙げられると思います。

さて、そこで私がおススメする方法です。

「ミネラルたっぷりの塩を飲みやすい濃度で溶かした水を、適時飲む事」

これが一番早いと考えています。

これを証明したいのですが、私はここ最近ずっと引いてないので試せてないのです。


根拠としては、

風邪をひくという事は、疲労蓄積・免疫力低下している所に、ウイルスが増加・影響を与えているという事になります。
これは、「予防する」という手段からひも解く事は出来ます。

ウイルスを攻撃する免疫力を低下させないことが大切です。
そのためには、睡眠、栄養、適度な運動、ストレスを溜めず、規則正しい生活を心がけること。


少し話がかわりますが、ファスティングダイエットでも言われている内容があります。

「消化器官を空っぽにして、休ませる」

というものです。

食事をしない事で、腸内環境も休める事が出来、身体を休め、免疫力を高める効果があるという事です。

 

私は、これは間違いではないと思います。

動物でも、体調不良の時はモノを食べないです。

身体を丸め、じっとしてエネルギーの消費を抑えています。

これは、身体のエネルギーを免疫増加・病気をやっつけるための抵抗力を生み出すために全振りしている状態です。

状態が落ち着いて、初めて水を飲み始めたり、食事をしたりします。

 

体内で一番多くの割合を占めている水分を摂取するよう心掛け、それを吸収しやすくするためと補給のためにミネラルをたっぷり含んだ「塩」を摂取。

体液は0.9%の食塩濃度のため、それくらいの濃度を意識して摂取する。

多少、多くても良いです。

そしてひたすら動かずじっとしたり、寝たりします。

そうすれば、翌日には治る、または完治に近い状態まで回復するという事です。

 

ここは勉強に関するブログなので、このシステムに関しては割愛しますが、良ければ皆さんも、つらいときは試してみてはいかがかな?と思います。

私が実践出来てないので、強くは言えませんが。

 

今回は、ここまで。

視覚情報から刺激を受ける事は有効

皆さん、こんにちは。

前回の続きで、「受験仲間はいる方がいいに決まっている」という内容についてです。

 

私の受験勉強の時は、幸運にも一人ですが、仲間を作る事ができ、それが大きな刺激となりました。

ただ、情報交換や連絡を取る頻度は、月に1~2回程度でした。

もう少しあっても良かったかなとも感じます。

 

それでは、身近にいなかったとします。

そんな時はどうしたらいいか?

 

「他人の頑張っている姿を見る事」です。

 

例えば、コーヒーショップのような所で参考書やパソコンを開いて作業をしている人は少なくないと思います。

そういった姿を見て、「あの人も頑張っている。自分も頑張ろう。」とイメージする事です。

 

勉強というのは、基本的には孤独との戦いです。

ですが、孤独であり続けると、いつの間にか周囲とのズレが生じやすく、効率やモチベーションの低下に繋がってしまうリスクが高まります。

周囲のペースに巻き込まれる必要は無いのですが、周囲との比較は重要です。

ですので、仲間を作る事は重要ですが、高校・大学受験生のような人であれば、受験日は近いと思います。

同じ環境に近い存在の人をアンカーにして、刺激を分けてもらうという事は、学習を続けるうえで結構重要です。

 

私自身も、午前中は自宅での勉強をし、午後は近くのコーヒーショップ(逆のパターンもありましたが)というように場所を変える事で、当然気分転換にもなるのですが、一番は周囲から刺激を受ける事、2番目は、周囲の視線にさらされて緊張感を自分に与える事を目的として、よく利用していました。

 

最近かどうかは分かりませんが、SNSを利用して仲間を作る事も、当然可能です。

SNSでの情報なので、相手が本当の事を言っているかどうかは分かりませんが、同じ環境の人を飛躍的に探し出しやすいのは間違いないです。

app-liv.jp

このサイトにありますが、このような「勉強仲間を見つけたい」人向けのアプリもあるようですし、ツイッター上で探し出す方法もあると思います。

私自身はこの方法は使いませんでしたが、より多くの刺激を受けたり、情報収集をしたいというのであれば、利用するのも手ではないかと思います。

※私は関係者でも、利用者でもないので、利用に関しては自己責任でお願いします。

 

もう一つは、分野を超えて頑張っている人の姿を見て、自分を奮い立たせる方法もあります。

私はスポーツが好きなので例に挙げますが、自分の興味を持っていたり、好きな選手やチームがあるとします。

私が好きなチームは、下積みが長いと言うか、自他ともに認める程の弱小チームでした。

でも、そのチームがどんどん変貌を遂げて、ついにトップリーグに駆け上がる事が出来たのです。

歴史を知っている事もあり、あのチームがトップリーグに上がる事が出来、格上と評価されるチームと対等に戦い、勝ち星を増やす事が出来ている姿を見ました。

当時から見たら、奇跡とも呼べるような出来事です。

「あんな弱小クラブでも、一歩一歩階段を上り続ける事で、不可能だの無理だのお荷物だの言われていた存在だったのに、こんなにも堂々と渡り合えるような存在に変わる事が出来たんだ。自分も、誰もが思う以上に変わる事が出来るに決まっているじゃないか!」

という事をモチベーションにして、日々の勉強に取り組んでいきました。

継続すれば力になる。

全力を出し切れば、後悔はしない。

この言葉も胸に、自分を鼓舞していました。

 

皆さんの周囲にも、しばらく会わなかったら、「当時はあんなキャラだったのに、滅茶苦茶変わった」という人はいると思います。

その人も、見えない所で努力を積み重ねてきた結果だと思います。

「あの人が出来るんだったら、私も出来る!」

その、「あの人」には失礼かもしれませんが、それも大きなモチベーションに繋がると思います。

 

日々の学習の際に、少しマンネリを感じる部分が出てきたら、こういった所を意識してみてはいかがでしょうか?


今回は、ここまで。

同じ目的を持っている人が近くにいる方が良い

皆さん、こんにちは。

 

学習の進捗はいかがでしょうか?

計画通りの人もいれば、順調の人もいれば、なかなかという人もいれば、立ててない(!)という人もいると思います。

最後のは少し危険な香りがしますが、まだどうとでもできる段階ですので、計画を立てて、随時修正をかけながら進めて欲しいものです。

 

さて、皆さんの周囲に「受験仲間」はいますか?

 

現役学生の方であったり、資格学校に通っている人は苦労しないと思います。

同級生が良きライバルとなりますし、資格学校でも教室内に入るだけでも大きない刺激を受けると思います。

 

では、独学でやっている人はどうなるでしょうか?

私自身の話ですが、会社の同僚で、まず受験仲間を探しました。

数名と話をして、当初は「受験頑張ろう」と互いに盛り上がっていたのですが、時間が経つにつれ環境が変わり、「今年は無理。来年頑張る。」という様になっていきました。

人手不足であったり、環境の変化であったりが大きな要因でした。

 

社会人として働きながらというのは、自分というよりも、周囲の環境によって大きく影響を受けます。

①転勤で通勤時間が長くなった
②従業員が休職・退職してしまい、人員補充がうまくいかない
③突発的な事故や欠勤による残業・休日出勤の発生・長期化
④役職変更による業務増

 

主に2番目の場合が多く、従業員の絶対人数が少なくなると、「現場の社員がフォローをしないといけない」という不思議なルールが発生してしまい、現場の負担が急増してしまいます。
そのしわ寄せで、自分の時間が確保できなくなってしまいます。

私の知り合いですが、「月に150時間の残業を記録しましたよ」と、自虐的に発言している人もいましたが、異常事態です。

 

私自身も、人員の数もありましたが、受験勉強をするぞという時期になった時に、「責任者になってくれないか?」という辞令が来ました。

その影響もあり、開始時期が大きくずれ込んで9月からのスタートとなったわけです。

それがなければ4~6月くらいから開始予定で、もっと余裕をもって学習を進める事が出来たのではないかとも考えますが、結果としては合格したので良かったです。

ずれこむ事により、自身の中で緊張感が高まったというのも良い傾向だったのかもしれません。

 

色々ありましたが、私の同僚は受験を先送りをしたため、社内での勉強仲間を作る事は出来ませんでした。

それではという事で、私は専門学校時代の友人達にアプローチをしました。

多くは受験を考えてなかったり、別の道を歩んでいたりしていましたが、ようやく一人見つけました。

12月くらいでしたが、「あなたも受けるんですね。頑張りましょう!」と情報交換の場を得る事が出来ました。

そこから、模試の話になって、「受けないんですか?」とプレッシャーを受けて、1月に受験出来るよう、慌てて申し込んだりもしました。

 

自分のペースとの比較や、情報交換・情報収集も出来るようになるので、実際の知人・友人が勉強仲間として存在する事が出来るというのは、とても良い影響を受ける事が出来ます。

私が合格出来たのも、この友人がいたからとも言っても過言ではないと考えています。

 

それでは、身近にいない状況の時は、どうしたらいいか?

その話は次回にしたいと思います。

 

今回は、ここまで。

 

模試の復習はやりましたか?

皆さん、こんにちは。

最近、一気に朝が冷え込んできましたが、体調管理はいかがでしょうか?

風邪をひいてもつらいだけなので、しっかりと予防していきましょう。

さて、受験した人限定となるのですが、模試の復習をしましたか?

どれくらいの間を空けましたか?

模試が終わったら、「疲れたー」と、放り出したままにしてませんか?

 

模試を受けるのは、とてもパワーが必要となります。

受験のためにお金も時間も必要ですが、試験時間は合計で5時間5分、与えられています。

それに全力を投入する訳ですから、当然疲労感は半端ないです。

ですが、それに投入する集中力も半端ないです。

それだけの集中を使って取り組んだ問題です。

 

早い段階で復習をすればするほど、その知識というのは、定着しやすくなります。

会場受験だと、解答を得るのに時間がかかる可能性もありますが、自宅受験だと、基本的には解答・解説も一緒に送ってくる場合がほとんどです。

試験が終わったら、もしくは、見直しまで済ませてさっさと終わらせたのであれば、速やかに答え合わせと復習をするべきです。

 

早い段階だと、選択した理由まで記憶に残っているので、色んな発見をしやすくなります。

それが、自分の弱点であれば儲けものです。

一気に弱点を潰す事が可能になっていきます。

 

ですが、これが数日後のチェックとなると、ほとんど記憶は残っていません。

なぜその解答を選んだかのチェックやメモを残しているとは思いますが、その時の感情まで思いだす事は、なかなか難しいのではないかと思います。

 

実は、この感情、または感覚というのは、結構重要です。

 

人間は、インパクトのある事の記憶は長続きします。

それは、人間の五感に直結しているからです。

美味しそうな肉の香りであったり、夕方5時になると流れてくるサイレンや音楽であったり、何かしらの恐怖に直面し、鳩を見ただけでパニックになるという様な感じです。

「このタイミングで、このように考えてしまったから間違ってしまった」

「これとこれの2択まで持っていく事が出来たが、正解とは逆の方を選んでしまった」

「少し集中が抜けて、ボーっとしてこの答えを選んでしまった」

色々な感情であったり、理由であったり、原因を掴む事が出来るようになります。

 

逆に、正解した時は、「この問題は自信が無かったが、正解を得る事が出来た」とか、「この問題は合って当然だから、復習は軽く目を通すだけで良いよ」といった判断もする事が出来、自信が無い問題は、より自信を持てるようになり、復習する効率も上げる事が出来るようにもなります。

 

ですので、記憶が残っているうちに復習をするというのは、とても有益です。

間を空ければ空ける程、「ほぼ記憶がリセットされた状態」から行う事になります。

これは復習では無いです。

再試験です。

 

効率良く進めるためにも、日々の勉強でもそうですが、しっかりと復習を行なって、記憶の定着をしていくようにしましょう。


今回は、ここまで。

苦手意識を持つモノ程、先にやろう

皆さん、こんにちは。

前回の投稿と似たような感じのタイトルですが(笑)、今回は、全体的な計画ではなく、日々の学習についてです。

 

皆さんは、日々の勉強の順番はどのように進めていますか?

 

ページの順番通りですか?
いつも通りのやり方ですか?
色々とアレンジしながらやっていますか?
得意な所からやってますか?
不得意な所からやってますか?
前日に計画を立てて、その通りにやっていますか?

 

色々とありますが、ここでは心理的なハードルについての話をしたいと思います。

 

今から勉強をしないといけないとします。

得意な学習内容のものと苦手な学習内容のものがあるとします。

それぞれが1時間で終わる内容だとします。

 

どちらを先に取り掛かりますか?

 

効率良くするなら、間違いなく「苦手な学習内容」からです。


苦手意識が強いものというのは、心理的なハードルが上がります。

それは、少しずつ成功体験を積み重ねる事で解消されていくのですが、どうしてもチェック事項が増えたり、何度も問題や解説を読み返したりというのが必要となったり、拒絶反応もでるため、精神的な労力は大きくなりますし、疲労感も半端ないです。

また、この「苦手な学習内容」の後には、「得意な学習内容」が待ち構えています。

そのため時間内に終わらせるためにさっさと取り掛からないと、学習計画に大きな影響を与えかねないです。

 

この後にご褒美を用意していると、なおさら良いですね。

 

逆に、先に得意科目からすませるとします。

開始直後は、特にストレスなく進める事が出来ます。
心地良い疲労感も生まれるとは思うのですが、そのあとに「苦手な学習内容」が待っています。

そして、それが待ち構えている事は、重々わかっています。

 

「これの後には、あの苦手なものが待っているんだ」

 

という様な暗い思いを、ずっと抱えながら、そしてそれはどんどん大きくなりながら、プレッシャーとなっていきます。

それで、一つの区切りとなる「得意な学習内容」が終わったら、逃避行動を行ないやすくなってしまいます。

 

「少し疲れたから、ちょっと休憩しようかな?」

という感じで、やる気が低下していきます。

そして、大きなプレッシャーから、休憩がどんどん長くなってしまうと、いつまで経っても終わらず、グズグズな時間を過ごしてしまうリスクが高まり続けるという事になるからです。

 

こういった、自分の中の心理的なハードルをさっさと乗り越えるためにも、先に「苦手な学習内容」を終わらせる事をお勧めします。

 

今回は、「苦手」と「得意」という比較を行ないましたが、これに限らないです。

 

「苦手で優先度は高くないもの」と「得意で「本日中に」終わらせないといけないもの」

という比較であっても、苦手を優先する事で、「さっさとこれを終わらせて、今日中にやってしまわないといけないものに取り掛かるんだ」という、締め切り効果も生まれるので、結構有益です。

 

皆さんも、先送りにして心挫けてしまうような内容があったら、学習する順番を変えてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、ここまで。

 

苦手な事は最初にやろう

皆さん、こんにちは。

 

皆さんは、勉強はどの科目から進めていますか?

難易度が低そうな所からですか?

苦手意識が強い所からですか?

基礎となる部分からですか?

最初のページから順番にですか?

 

これをどこから攻めるかで、大きく変わってきます。

専門学生時代ですが、苦手科目がありました。

試験科目では、「社会・環境と健康」と、「公衆栄養学」です。

逆に、好きだったのは、基礎栄養学・応用栄養学・臨床栄養学でした。

専門学校を卒業してからは、ほどんど内容には触れていませんでしたが、色々な授業の記憶が蘇ってきて、楽しく行う事が出来た記憶が蘇ります。

 

さて、私が一番最初に取り掛かった科目ですが、

「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」

です。

 

第一の理由は、「配点が高い(出題数が多い)事」

出題数が多いという事は、点数の取りこぼしが出来ない場所という事が出来ます。
皆が正解する所で、間違ってはいけない。

これは、受験の基本です。

 

第二の理由は、「栄養学の基礎部分でもあるので、疎かに出来ない」

他の基礎栄養学・応用栄養学・臨床栄養学等にも繋がっている内容が多いため、ここの知識が疎かになっては、他の科目をやっても、効率良く出来ないのではないか?

 

このように考えました。

 

私は、一通り参考書を見て、

 

重点を置く科目

社会・環境と健康 17問
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 17問
基礎栄養学 14問
応用栄養学 16問
臨床栄養学 28問
公衆栄養学 18問

 

これらを最優先に知識として吸収するために、より多く過去問を解きまくりました。

他は、「例え学習時間を多く割かなくても、半分は取れるだろう」という割り切りをしました。

応用力試験は、「基礎がしっかりすれば、半分は取れるだろう」という予測を立てました。

となると、上記の6科目がしっかりと自分の知識として吸収出来れば、絶対合格出来ると信じて勉強を進めていました。

また、上記科目は内容が重複している部分も多いので、効率良く勉強を進める事が出来た記憶があります。

 

一番悪いパターンが、「過去問(テキスト)を、1P目から順番に学習を進めて、どの科目も同じように時間配分をする事」です。

 

自分の理解度は、自分にしか分かりません。

自分の得意な所だけやっても、苦手な所をやらなければ、点数の底上げが出来ません。

苦手な科目は、苦手だから習得に時間がかかります。

どれだけ時間がかかるかわからないものを、後回しにすればするほど、知識として身につく訳が無いのです。

 

皆さんは、どの科目に、どれだけの力(時間)を注ぐというのを決めていますか?

もし、決めてなければ、計画を見直してみるのも、一つの方法だと思います。


今回は、ここまで。