管理栄養士国家試験合格に向けてチャレンジする人を応援するブログ

独学で学習を進める人をはじめ、受験勉強中の悩みを解消するための情報をお伝えしていきます。

非日常的な環境下で、どのような感情を抱いたか?

皆さん、こんにちは。

前回の続きです。

 

ソフトバンクユーザーの方には災難だったのかもしれませんが、突然通信障害が発生しました。

私もユーザーですし、被害?は受けました。

さて、今回のような

 

「自発的ではなく、強制的にスマホでの通信が出来なくなった環境下に置かれた」

という環境下で、皆さんはどのように受け止めたでしょうか?

 

動画や記事にもなりましたが、「利用できないじゃないか!!」と、ソフトバンクショップに押しかけて、店員にクレームを出しまくったでしょうか?

そうでなくても、他のキャリアは使えるのに、自分だけ使えないからとイライラが募ったでしょうか?

緊急時・急いでいるのに使えないので、大変な事になったでしょうか?

急に圏外になったから、壊れたと思ってハラハラしたでしょうか?

「仕方ないね」と、復旧するのを待っていたでしょうか?


私は、一番最後の心境でした。

幸いなことに、近くに他キャリアユーザーがいたので、「ソフトバンクは通信障害が起きているそうですよ」という情報をすぐに得る事が出来たのも、大きな要因ですね。

もう一つ加えると、「これからどのように復旧していくのだろうか?」という好奇心も生まれていたというのもありました。


スマホが日常になっている人にとっては、通信障害により使えなくなるというのは、「非日常的」な出来事となります。

私は特に感じなかったのですが、人によってはネガティブに捉える事もあると思います。

また、上記の例にも挙げた通り、怒りの感情を周囲にぶつけるような人もいます。

「そういった人は多分いるだろうな」と思っていたので、「やっぱり」という感じでした。

ソフトバンクのショップにクレームを言った所で、使えるようになる訳でもありません。

ショップは、あくまでもショップであり、携帯・スマホを販売するような場所で、電波を供給する場所ではないのは、皆さんご存知の通りです。

これは、鉄道が使えない・遅れてしまったという事で、駅員に声を荒げて文句を言うような人と同じ事をしているだけです。

どこにでもいるし、対応した人が災難だと思います。

そもそも通信業は、このような障害が起きた時も免責となるようですので、文句を言った所で何もリターンは無いというのが実情です。

 


話が長くなりましたが、皆さんは受験生です。

 

ソフトバンクユーザー、かつ、管理栄養士国家試験受験者、かつ、その時に仕事が休みだったり、スマホが触れる状況下にあった人というとても狭い範囲(しかも私のブログを目にしているというさらに狭い範囲となります)に該当する人に質問ですが、

 

スマホが触る事が出来ない状況下で、強いストレスを感じたでしょうか?感じなかったでしょうか?」

 

もし、前者の方であれば、「勉強は大丈夫ですか?」と心配になります。

試験まで100日を切っている状況下で、「スマホ操作が日常となっている」訳です。

強制的に利用できなくなって、ストレスを強く感じているという事は、それだけスマホに依存・夢中・快楽の存在となっている訳です。

好きな事から強制的に隔離されたら、誰だってストレスになります。

好きな人と親のせいで会えなくなった
楽しいゲームをしていたが、親に取り上げられてできなくなった
食べたいと思っていた料理を行列に並んでまで待っていたが、自分の直前で売り切れてしまった

このような「自分が自発的にやめたのではなく、他者からの影響により楽しい事を中断させられる」と、ストレスが発生します。

そのストレスは、対象に思い入れが強くなればなるほど、大きくなっていきます。

そうなる程、スマホ依存症と呼ばれる存在になっているのかなと感じてしまいます。


今回の件で、周囲で「スマホの縛りが無くなって、少し身軽になった」という声があります。

余程の緊急性・生命にかかわる事は重要ですが、それ以外の情報というのは、多少遅れても何とかなります。

日常で起こり得る「ラインで友人と連絡が出来なくなった」「メールが出来なくなった」「ゲームができなくなった」というレベルで、ストレスを強く感じるようでは、非常に危険だと思います。

 

今回の件で、私のように「ストレスをあまり感じず、早期復旧を願う程度」であれば、とても身軽な存在であると感じます。

そういった人は、スマホ中心の生活をしていないという事が確認できたと思います。

私は「少し不便に感じた程度」でした。


今回の件は、「自分とスマホの距離感を知る」という事については、とても役に立ったのではないかと感じました。

もし、距離感が近すぎるようであれば、何かしらの対策をした方が良いのかもしれません。


皆さんは、どのように感じたでしょうか?

 

今回は、ここまで。

ソフトバンクの障害での気付き

皆さん、こんにちは。

 

先日、ソフトバンクの方で、通信障害が発生しました。

13時すぎくらいから、18時くらいまでですね。

皆さんは影響はあったでしょうか?

 

私はソフトバンクユーザーでしたので、見事に影響を受けました。

残念ながら、使えない状況下にいたのですが、皆さんは、どう感じたでしょうか?

私は普段はツイッターやネット情報を、移動中はスマホに当然依存していますが、それが突然ですが、出来なくなりました。

しばらくして、普段は4Gですが、3Gの状態で受信は出来るようになり、最低限の事は出来るようになりました。

 

まず一つは、「3Gと4Gで、ここまで通信速度が変わるのか」という気付きがありました。

普段、当然のようにサクサクと情報を入手出来たような状況下から、なかなか情報を手に入れられない状況下に陥ってしまいました。

ツイッターを見てても、取り込みに時間がかかり、なかなか貼り付けられた画像や動画を見る事が出来ません。

 

ここで思ったのは、

「快適だから、テレビのチャンネルを変える(ザッピング)ように、サクサクと流し読みのような感じで、いつまでも見続ける事ができるんだな?」

という事です。

 

通信速度が落ち、取り込みに時間がかかるとストレスを感じます。

一昔前まで(インターネット黎明期?)は、通信速度も遅く、「ADSL」がスゲー速い!!という様な時期では、なかなか快適に画像は勿論、映画のような動画など、ダウンロードに一日かかってしまうような状況でした。(しかも定額料金ではない)

それくらいの速度だと、かなりストレスが生まれるので、一部マニアやビジネスとして有益だが、一般的にはまだまだコアな存在であったり、普遍化しにくい状況となります。

大事なのは、その頃は「スマホ依存症」という言葉が無かったという事です。

スマホ自体もありませんが。

 

当時はPHSや携帯(今のガラケー)が主流で、映像・画像ではなく、文字情報で発信したり、コミュニケーションを取っていました。

携帯依存症のような言葉も使われず、一部?は携帯を駆使して出会い系のような所で月に数万利用するような使い方をしていましたが、便利な道具として利用していました。

ですが、今は快適に多くの情報を、費用もそこまでかける事も無く利用する事が出来ます。

ストレスがある事により歯止めがかかるのですが、かからないため、制限なくスマホにのめりこむ事が出来るんだな?と改めて感じました。


もう一つは、今回の件は

「自発的ではなく、強制的にスマホでの通信が出来なくなった環境下に置かれた」

という事です。

 

この話をすると少し長くなるので、次回に回します。

 

受験に「一発逆転」は無い

皆さん、こんにちは。

 

最近めっきり寒くなってきましたが、体調管理はしっかりできているでしょうか?

今朝、室温をみたら、9.2℃でした。

寒い、寒い。

 

さて、皆さん、学習進捗はいかがでしょうか?

中には諦めかけている人もいるでしょうし、順調な人もいると思います。

 

今回は、タイトルの通りです。

現実を直視するという事に繋がるので、眼をそむける人もいるかもしれません。

 

管理栄養士国家試験は、点数で、120点以上を取れば合格となります。

一般的な進学のための受験や、定員が決まっているものであれば、「一発逆転」も狙えるかもしれませんが、管理栄養士国家試験では、それはありません。

 

ただ、狙うのは当然良い事です。

私のように、1月下旬時点で模試の結果が100点前後をウロウロしていて、本試験で130点以上取ったというのを「一発逆転」と言うのであればそうかもしれませんが、私自身は、そのような感情はありませんでした。

日々の学習を積み重ね、弱点を減らし、知識を蓄え続けた結果だと考えています。

 

このような順序を経たのではなく、ただ単に、何も積み重ねをしてきてない人が、「一発逆転」を狙って一気になんとかしようとする考え方では、合格出来る訳がありません。

稀に存在するかもしれませんが、自分がその稀な存在になれる可能性は限りなく低いです。

こういった人は、試験前日に一夜漬けで勉強をしたとか、サイコロで決めればいいやとか、そういう人が該当するようなイメージを持っています。

「冬期講座・直前対策を受ければ何とかなるんだ」とか、「模試を受けまくったら大丈夫」といった考えが生まれやすいのかもしれません。

今の段階で、毎日机に向かってなかったり、隙間時間で勉強する癖がついていない状況であれば、かなり合格は難しいかもしれませんが、皆さんは大丈夫でしょうか?

今からでも遅くないので、毎日学習を続けるという事を習慣づけて、それが当然というレベルまで意識を高めて欲しいものです。


前回も話したのですが、知識というものは、毎日触れるから蓄えやすくなります。

そして、それが興味があるものであれば、普段以上の量を蓄える事が出来ます。

興味が無ければ、なかなか蓄えられにくい状況になりやすくなります。

 

今も机に向かいづらい人がいるのであれば、まずは、「合格したら、こんな楽しい事がまっているんだ」とか、「勉強する事で、こんなご褒美が待っているんだ」とか、将来に向けてのご褒美のような物を設定してみてはいかがでしょうか?

日々の勉強で、「ここまで終わったら、好きなアイスをたべるんだ」というような達成ボーナスを用意してみてはいかがでしょうか?

それだけでも、少し状況が変わってきますよ?

 

今回は、ここまで。

努力を凌駕する方法

皆さん、こんにちは。

学習は進んでいるでしょうか?

 

知識を頭に叩き込もうと、日々努力されていると思います。

ですが、どうやっても頭に入らなくなる瞬間・タイミングがありませんか?

私は、本試験2カ月前くらいにそのような事が起きました。

覚えないといけない事は、たくさんあります。

それなのに、いくらやっても頭の中に入らないような感じになって、非常に焦りました。

スポンジが水をこれ以上吸ったら溢れるような状態です。

それまでは結構いいペースで進んでいたのに、突然訪れたブレーキです。


その時に考え方を少し変えました。

この時点までで、やる事はすべてまとめていたので、後は実践して身につけていくだけです。

これまでは、学習を続けていて

 「これだけのこっているから、絶対やらないと!」

という考え方から、

「これだけやれば合格出来るから、ひとつづつこなしていこう」

という考え方に変わりました。

字面では少し分かりにくいですね。

 

以前の考え方は自分を追い込む感じで、少しうまくいかないとネガティブになりがちです。

ですが、後者の考え方だと、余裕が少し生まれます。

楽観視にも似た感情も生まれていました。

 

そのあと大事にしたのが、「勉強を楽しむ」「勉強は楽しい事だ」と「思い込む」暗示です。


勉強に義務感が加わってしまうと、つまらなく、辛い作業になってしまいます。

平常心を保っていたり普段通りだと、ただの作業と化します。

勉強がつらい人にとって、平常心を保ちながら淡々と学習を進める人が出来るのを見ると、とても凄い人に見えます。

ですが、それよりも凄い人たちがいます。

 

「勉強を楽しんでいる人」です。

 

この「楽しむ」という感情があると、作業効率はとても高くなります。

物事に対し夢中になれるし、苦労を苦と思わなくなります。

「努力を努力と思わない才能」

といった言葉もありますが、この言葉に中に、「楽しむ」という感情は多く含まれているかもしれません。

 

私自身も、煮詰まってしまったり、頭にこれ以上知識を詰め込めないというような状況になった時、大事にしたのが、「楽しむ」という気持ちでした。

「やばい、頭が一杯になってきた。でも、ここを乗り越えたら今まで以上の自分になれるんだ。産みの苦しみの先は、成長しかないんだ。勉強は楽しいぞ。楽しみながら成長出来たら、素晴らしいじゃないか!!楽しめ、楽しめ!!」

と、言い聞かせながら笑い飛ばしていました。

 

少し宗教染みていますが、自己暗示ですね。

 

今の状況は、楽しく感じるための途中だし、今は楽しい状況なのだと言い聞かせる事です。

人は、乗り越えるべき壁を見つけた時に、笑顔になるか?辛そうな表情を浮かべるかで、大きく結果が変わります。

 

ここで、少しでもネガティブな感情を持つと、一気に失速してしまいます。


皆さんも、辛くなった状況に陥った時こそ、「楽しむ」という感情であったり、「笑顔」を作ってみてはいかがでしょうか??

 

どんな方法論を取ったとしても、合格すればいいだけの事ですから。

 

今回は、ここまで。

カフェインの効果的な摂取方法とは?

皆さん、こんにちは。

今回はタイトルの通りのテーマに沿って話をしていきます。

 

皆さんは、カフェインを摂取すると言えば、「コーヒー」だと感じます。

薬店では、「カフェイン含有の医薬品」も販売されています。

例えば「カフェロップ」「ハイエナル」「カーフェソフト錠」「エスタロンモカ12」等々。

結構多くの種類が販売されています。

医薬品でなくても前回話したエナジードリンクも同様ですね。


さて、服用方法なのですが、医薬品でもあるので用法・用量というのがあります。

一般的には、「一回〇〇量を、服用間隔を〇時間あけて、一日服用回数を〇回まで」という表記が多いです。

 

ある動画で紹介されていたのですが、カフェインには摂取方法があるようで、上記のように服用してから眠気を耐える方法と、服用してから寝る方法があるそうです。

「カフェインを摂取して、寝ます。これはコーヒーナップという方法です。カフェインを摂取して10~20分ほど寝ます。仮眠は、寝たいときは寝ないといけないんですが、無理して起きても結局パフォーマンスは落ちてしまいますので、寝てる時間を短縮して、短期間に集中するという方法です。」

 

もともと、カフェイン(コーヒー・医薬品)を摂取しても、小腸で吸収されるまでに約20分ほどかかります。
脳内にはアデノシンという眠気や疲労感を感じさせる物質があり、カフェインにはアデノシンを抑制する効果があります。
カフェインを摂取してから脳に到達するまでの時間はおよそ15分。
このタイミングで起きることで、スッキリと目覚めることができます。
短い仮眠とコーヒーのダブル効果で、日中の眠気を軽減し、午後もパフォーマンスを落とさずに活動できるとされています。


という事のようです。

ただカフェインの持続時間は、7時間程度続きますので、本格的に寝る前に飲むと睡眠の質を下げてしまいますし、夜型の人が学習の中でカフェイン飲料を摂取するのは、コンディションに影響を与えそうな印象を受けますが、どうでしょうか?

私は朝型で、昼過ぎにはコーヒーは飲まないようにしていますし、夕方に飲んだら、夜寝れない事があったりしたので気を付けています。


また、前回はエナジードリンクの話をしましたが、「医薬部外品ドリンク」にも注意が必要です。

タウリン〇〇㎎配合!!」「ビタミン〇〇配合」というような謳い文句があるのですが、それが果たして学習の集中に役に立つのかという事です。

こういった商品にも、「カフェイン」は勿論配合されて(中にはないものもありますが)いますが、多くは飲みやすくするためにて、添加物で「白糖」が含まれています。

ビタミンB群が配合されているのも多いですが、せっかくビタミンを摂っても、一緒に白糖を摂取したら、その代謝にビタミンを使われ、結局は何の疲労回復にもならないし、下手したらそのビタミン量では足りずに余計に体内のビタミンを奪われて疲労度が増したりします。

さらに血糖値も上昇するので、1時間も経たないうちに眠くなるのではないでしょうか?(カフェインが働いてくれればいいのですが)


という事で、カフェインを摂取するなら、上記の事を試してはどうかと思いますが、エナジードリンクや糖質オフのような医薬部外品ドリンクを勉強前・勉強中に飲むのは、集中出来るような状態をつくり上げないのではないかと考えています。


もし、服用しているというのであれば、服用した時としてない時の身体の変化をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、ここまで。

 

エナジードリンク、飲んでますか?

皆さん、こんにちは。

 

勉強中に、眠気が襲ってきやすいタイミングもあったりすると思います。

それを乗り越える為に、コーヒーを飲んだり、流行している「エナジードリンク」でカフェインを摂取して対策をとろうとしていると思います。

 

眠気は解決していますか?

 

私は、エナジードリンクを飲んだことがありません。

先日、街を歩いていたら、「〇〇スター・・」を無料配布キャンペーンを行っていました。

もらっておけば良かったと思いました。

わざわざお金を出してまでも、購入する必要がないと考えています。

もらえるんだったら、一口ぐらい飲んで味見をしたら良かったなと思いましたが、基本的には今後も飲みたいと思っていません。

 

一つの理由は、「糖質が多い」からです。

 

一本(355ml)あたり、約44gの砂糖が配合されています。

飲み干す事で、一気に血糖値を上昇させます。(約120)

その後すぐにインスリンにより血糖値の急降下が起きる訳です。

カフェインが142mg配合されているようですが、関係ありません。

1時間もしないうちに眠気と、血糖値低下、糖質代謝のためのビタミン利用により、疲労感が襲ってきます。

 

そんな状態になったら、勉強どころじゃありません。

 

皆さんの中には、エナジードリンクを飲んでいる人はいるでしょうか?

それだったら、さっさとやめて下さい。

集中の邪魔です。

 

血糖値が上昇するという事は、一種の興奮状態を生み出します。

そんな状態で、勉強に集中出来る訳がありません。

また、大量の糖の吸収により、身体の水分が奪われてしまいます。

血流が悪くなり、のどの渇きも生まれます。

さらに大量のカフェインの影響も受け、利尿作用が働いていきます。

身体の水分が2%喪失するだけで、運動能力が低下しだし、3%喪失で強いのどの渇きと、ぼんやり、食欲不振、進行すると疲労感や頭痛やめまいといった脱水症状へと進行していきます。

 

コンディションは、悪化するばかりです。

 

そんな中で勉強を続けようとしても、集中出来ないし、効率良い学習等出来ようはずがありません。

 

これが、理由の一つです。

もう一つあります。

カフェインのとり方についての誤解があります。

その話は、少し長くなるので、次回にしたいと思います。


今回は、ここまで。

自分のやる気を高める方法の二例目

皆さん、こんにちは。

まさかの続編です。

 

前回、やる気を高める方法としての一例として、

「尊敬できる人に近づく」

「他人と比較して自分を奮い立たせる」

というアプローチ方法の例をお伝えしたつもりになっています。

 

もう一つの例として、

「誰かのために目標を実現する」

というアプローチがあります。

 

皆さんの多くは管理栄養士を目指している人が多数いて欲しいですが、他の資格受験生であったり、進学のための受験であったり、なんとなしで見ている人もいるかもしれません。

 

皆さんは、その目標があるのであれば、

「何のためにその目標を実現をするのか?」

という所に焦点をあてるというアプローチです。


唐突ですが、私は「働く母親」「シングルマザー」は強い・凄いと感じています。

性格云々ではなく、このような人はとてもパワフルな人が多い印象を受ける事が多いからです。

彼女達は、一つの環境下に置かれています。。

「子供を育て上げる」

という事です。

子供が幼かったりすると特にですが、手がかかります。

自身は仕事に時間を費やし、家事を行ない、子供の相手や世話をします。

睡眠時間を削ってでも多くの事をこなし、かなりハードな生活リズムの中にある事は多いと感じます。

そのような環境下においても、パワフルに過ごす事が出来るのは、「子供」という存在がいるからです。

「子供に悲しい思いをさせたくない」
「子供を不幸にさせたくない」
「人並み以上の生活をさせたい」

というような感情があると思いますし、ほかにもあると思います。

ですが根底部分には、「子供に愛情を注ぎたい」というのがあると思います。

 

「母は強し」「母は偉大」

という言葉をよく耳にします。


ホルモンの観点からしても、

子供を守るために母親が強くなるのはホルモン「オキシトシン」の作用。
オキシトシンは「大切な存在を愛して尽くす」絆と愛情のホルモンである反面、「大切な存在を傷つけそうなものに容赦なく攻撃する」嫉妬や憎悪の引き金となる。
そしてこのホルモンはヒト以外にも分泌されるので、母が強いのはヒト以外にも当てはまる。
例えば、「母グマが襲ってくるから、子グマを見かけたら近寄らないでその場を離れろ」という注意はその最たるものだろう。

という部分が挙げられます。


私自身はと言うと、管理栄養士になりたいという動機としては、「国家資格を取得して社会的な信頼を得る手段としたい」というものがありました。

その理由として、

  • 多くの知識を広めるためにも、発言力を大きくしたい
  • 私の発言によって、多くの人を健康な状態にしていきたい
  • 知らないという事で、いつの間にか重大な疾病に繋がるような事になりたくないしさせたくない
  • 身近にいる人の健康を守れるような存在になりたい

といった理由・動機があったのですが、今回のテーマでは最後のがそれにあたります。

その特定の身近な人を思い浮かべながら、直接その人に向けて言葉にはしないですが、「あの人のために絶対合格するんだ」という動機づけになっていました。

よく医者・看護婦等、医療関係者で耳にしますが、がその職に就きたい理由として、「患者を救いたい」というのを挙げる人は多いです。

私の知り合いの薬剤師も、「自分が病気で苦しんだから、そういった想いを他にさせたくない」というのを動機の一つにしていました。


長々となりましたが、皆さんは、なぜ栄養士ではなく管理栄養士になりたいのですか?

 

何となくですか?
給料が上がるからですか?
褒められたいからですか?
待遇が良くなるからですか?
やる事が増えるから、多くの人に健康を届けたいからですか?
特定の誰かの健康の手伝いをしたいからですか?
それとも他の理由ですか?

 

動機や目標が、「自分のため」よりも、「(特定の)誰かのため」であれば、パワーは生まれやすいです。

 

勉強を投げ出したくなる時もあると思いますが、「〇〇さんが、私の合格を期待してくれているから」というような動機づけとなる対象を作ると、意気込みが変わってきますので、よければ試してみて下さい。

 

今回は、ここまで。